平成26年度 学生研修旅行レポート
 
 
 

平成
26920日(土)、学生研修旅行に行ってきました。
今年の主な訪問先は、JAXA[筑波宇宙センター]、つくばエキスポセンター。
体験や見学を通して、最近の科学技術に親しむと共に、宇宙開発や研究への理解を深めました。


行程◆
栃木学習センター発→JAXA[筑波宇宙センター]→昼食→つくばエキスポセンター→シャトーカミヤ→栃木学習センター着

◆参加者
39名(職員含む)

この日の最高気温は22度。肌寒い朝となりましたが、学生の皆さまは溌剌とし、学ぶ意欲に満ちていました。

 

バスの中で自己紹介。初めて参加の方、
5回以上の方と、参加回数は人それぞれ違いますが、皆この旅行への期待や宇宙への熱い想いを語ってくれました。

JAXA[筑波宇宙センター]へ到着!H-Ⅱロケットの前で記念撮影

 

ロケットの打ち上げ音響体験をしました。ゴゴゴ……という爆音によって、身体が振動するのが分かります。打ち上げ場所から3km程度離れた区域で録音されたとのことですが……この音の大きさと機体による音の違いを是非皆さまも体験してみてください。

 

展示館「スペースドーム」

「きぼう」日本実験棟・船内実験室


ロケットエンジンLE-7ALE-5


JAXAを出発し、バスで10分ほどの所にある庭園つくば花まさ[ステーキハナマサ]で昼食。

先ほどの体験のこと、普段の学習のこと、趣味のこと……話題は尽きません。 


続いて、つくばエキスポセンターへ。

到着してすぐプラネタリウムを鑑賞しました。直径25.6mの半球型のスクリーンいっぱいに煌く星空を眺め、オリンピックの起源や神話を通して時空を超えた天空の旅を楽しみました。

他にも高度な科学技術を、目で、身体で、楽しみながら知見を広げることが出来ました。


この日は、南極観測隊に参加しつくばへ戻ってきた隊員による最新南極レポート「南の果てで探る地球・宇宙のフシギ」というイベントが開催されていました。 

 

最後は牛久にあるシャトーカミヤにて、ワインに舌鼓を打ちました。

皆さまお土産の品を吟味しています。

 

18時に栃木学習センターへ到着!参加された皆さまお疲れ様でした!

旅行を支えてくださった皆さま
(向かって左より)ガイドの栃木交通・佐藤様、ドライバーの栃木交通・高橋様、添乗員の日本旅行・伴瀬様、大変お世話になりました。この場を借りて御礼申し上げます。