放送大学栃木学習センター学生有志が企画! 
 
 
宇都宮発
 
「町づくりを考える集い」開催報告
 
 
 
 
さまざまな視点から忌憚のない意見が飛び交い、盛り上がりました!
 
 
【日 時】 平成21年12月11日(金)13:30~15:30 
 
【場 所】 町づくりコミュニティー・カフェ(宇都宮大学前)

 宇都宮市中心街の歩行者数は2年前と比較して21%も減少し、街の空洞化が新聞紙上で取り上げられました。そこで、問題意識の高い放送大学生有志が立ち上がり、この由々しき問題について、放送大学生独自の視点で考えてみようと集まりを持ちました。
 当日は鯨井センター所長に司会進行をお願いして、放送大学生7名と飛び入りで宇大国際学部4年生の参加もあり、都合9名での集いでありました。
 自己紹介からはじめましたが、経験豊富で様々な経歴の放送大学生ですので、それだけを聞いているだけでもこの集まりは終了しそうでした。参加された方々の、町づくりに対する思いは熱く、様々な視点から皆さんの意見を述べてもらいました。飛び入りした宇大生もコミュニティー活動への関心が高く、頼もしいかぎりでした。
 和やかな中にも、鋭い意見の交換もあり、時間が足りないという感じでありました。今後、継続して、このような集まりを持つことを約束して閉会となりました。