宇都宮発 「町づくりを考える集い」開催報告
 
(第3回)
 
実際に現地を歩いてみました! 
 

 平成21年12月に学生有志により発足した「町づくりを考える集い」。第3回目はフィールドワークと題し、中心商店街の空洞化の状況を調査しました。 
 
 * 
 
【日 時】 平成22年4月24日(土) 13:00~15:30
 
【場 所】 JR宇都宮駅→オリオン通り→ユニオン通り
 
宇都宮市中心商店街の空洞化の現状を実地踏査。メンバーが集まり、オリオン通りやユニオン通りなどの繁華街を実際に歩いて、空き店舗の状況や人の流れを肌で感じてきました。若者に人気のファストフードの閉店や、空きテナントへの新規出店に宇都宮市が補助をする現状などを確認してきました。フィールドワーク終了後は、ベーカリーショップでさまざまな意見交換をしました。
 
 
 
実際にオリオン通りを歩いてみると・・・。想像以上に閉店が目立つのが気になりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
空きテナントに近づいてみると・・・。新規出店を補助する宇都宮市のチラシが貼られていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
調査終了後はベーカリーショップで意見交換。やはり机上だけでなく、自分の足で現地を歩き、自分の目で見て確かめることの重要性を改めて感じました。