2015/10/25掲載


~ 平成27年度第1学期卒業生へ ~

ご卒業おめでとうございます!
 

 去る9月27日(日)に平成27年度第1学期卒業証書・学位記授与式を開催いたしました。卒業生15名のうち6名が参列し、卒業生へ温かい拍手とエールを送りました。
 
 
*************************************************************************
 
 栃木学習センター 平成27年度第1学期卒業生
 
教養学部 15名

   
*************************************************************************
 


卒業生からのメッセージ


上村隆行さん(人間の探究専攻卒業)

 初めはダラダラ、中ダルミ、後はガタガタ。選科履修生として3年、全科履修生となってからは7年。7周遅れのゴールイン。
 これから学ぶ人たちにワンポイントアドバイスとして、自分のペースを守ることです。他人が科目登録を多くしたからと言って、自分も多く登録しなければと考えてはダメです。無理してつぶれた人もいます。1年間13科目登録して全科目合格すれば、面接授業と合わせれば4年で卒業できます。しかし合わせずに3科目ずつでも合格していけば10年はかかりません。自分のペースでゴールインを目指しましょう。
 もし自分の学習意欲が低下したら、学習センターに通ってください。必ず解決します。学習センターを利用した人は遅かれ早かれ、全員卒業しています。
 そしてサークル活動をすることをお勧めします。楽しい学びになりますように。では、お目にかかれることを祈っています。



瀧澤明夫さん(社会と産業コース卒業)

 ご入学おめでとうございます。仕事と勉強との両立で挫折しそうになり、何度も辞めてしまおうと思いました。それでも、やればできると言う可能性を信じて勉学に励みました。
 人間は、canか can not では無く、 doか do not、やっぱりやらないとダメです。それで皆様が早く卒業できることを願ってやみません。
 学習内容について説明いたしますと、興味のある学問を履修することも結構ですが、単位を修得するには、試験で60点以上を取らないと合格しません。ですから、科目案内にあるように、それぞれ科目ごとに平均点が出ています。平均点で高いものを選ぶ。そうすると、合格率も高くなると思います。また、学生センターには学生がいます。多くの友達を作ってください。学習やいろいろな悩み事を大いに相談すると良いと思います。
 では最後に。諦めないということ。雲の後ろには、太陽があります。
 どうぞ皆さん、頑張ってください。



田中光昭さん(心理と教育コース卒業)

 ご入学おめでとうございます。これからお話しすることは、私の経験からの話になりますので、皆様の生活とか、学習のスタイルにそぐわないかもしれませんが、聴いてください。
 まず、なぜ放送大学を選んだのか。それは、学位という栄誉称号を得るため。それだけでした。それで失敗したのは、はじめの半年間、何もしなかったということです。何をして良いかわからず、印刷教材は開かない、通信指導も出さない。何で自分はこんなことをしているのかと思っていた頃、勉強を始めるきっかけを作ってくれたのが娘でした。
 娘は当時高校受験を控えておりました。その娘に私は「勉強しろ、勉強しろ」と言いましたが、自分の高校受験をふり返ったとき、親に「勉強しろと言ってるけど、あんたやってないじゃん」と感じたことを思い出したのです。
 そこで、娘と一緒に毎週末図書館へ通うことにしました。週末以外は、仕事場にある図書館で、仕事が終わってから必ず1時間、勉強をしました。現在その娘は、自分が目標としている高校に通い、サッカーをしています。
 確かに放送大学への入学は簡単でした。書類選考だけで入れました。しかし実際に卒業となると大変なことがたくさんありました。まず、仕事をしていて試験を受けるためには、仕事が休める日に試験がある科目をとらなければなりません。私の職場は、3ヶ月スパンで仕事が決まるのですが、そこに自分の当直が入らないように前もって上司にお願いしていました。そのため、逆に当直明けで試験に臨んでいました。それでも、試験の日に休めず、やりたい科目でも受けられない。そういったことを繰り返して、卒業に至りました。
 途中「生活と福祉」から「心理と教育」へコースの変更をしました。学位をいただいた上に、認定心理士という資格も取得してしまおうと欲が出たからです。しかし「心理と教育」の勉強は難しく、現状では資格取得のための単位が足りず再入学し、また皆様と一緒に勉強することになります。私は医療系の仕事をしていますので、もとのコースにいた方が、簡単に卒業できました。おそらく最初からまじめにやっていれば2年で卒業できたと思います。しかし、最終的に2年半かかりました。
 2年半と簡単に言っていますが、むちゃくちゃな試験の受け方をしました。一度に12科目登録したこともありました。放送大学にいた中学からの友人には「それは無茶だよ」「絶対に取れない」と言われ、私も無理だと思いましたが、先ほどの方法で勉強したお陰で、結果的には12科目全て合格しました。怠けていてはきっと12科目は取れなかったはずですが、自分が決めたことを毎日少しずつやれば取れる、ということを今であれば皆様に伝えられます。
 一人で勉強することはとても辛いです。まず甘えが出ます。私が娘と図書館通いをする前は「今日は休もう」趣味がテニスですので「今日は勉強せずテニス行こう」という生活でした。初めて単位認定試験を受けた時、この会場にものすごい人数の学生が集まっていて、しかも自分よりも年上の方がたくさんいて「自分一人ではないんだ」「負けてはいられない」という思いを持つようになりました。仕事が遅いこともあり、私は試験以外で学習センターへ来たことはありませんでしたが、もし来られる方がいたら、来た方が良いと思います。多くの方が勉強しているのを見ると、触発されると私は思います。少し長くなりましたが…。本日は誠におめでとうございます。