↑受講者が熱心に耳を傾ける五味文彦先生の講義風景。
 
 

  
 
平成21年度第3回公開講座報告
 
五味文彦先生による
公開講座を開催しました!
 
 
 前日から降り続いた雪もやみ、雲間から青空も覗いた2月14日(日)午後。栃木学習センター2階大講義室において、放送大学教授・五味文彦先生による公開講座『地域の力を歴史に探る』が開催されました。栃木県や他県所属の放送大学生ほか、一般参加者含め、約80名の方々にご来場いただきました。ありがとうございました。
 五味先生は、日本中世史の第一人者。今回の講義では、街道や河川、鉄道網など「交通文化史」という視点で下野国・栃木県を捉え、古代から近代にかけて育まれてきた歴史の力について話がありました。穏やかな口調で受講者に語りかける五味先生。熱意あふれる講義は予定時間をオーバーするほどで、会場全体が熱気に包まれました。講義終了後は受講者から20分間にわたり質問が飛び交うなど、大いに盛り上がりました。
 
 
 
※当日受講生に配布された資料に、五味先生が修正した決定版です。今回参加されなかった方もWEB上で講義内容をご覧いただけます!

 
 
 
 
 
The album 
 
 
 
←塚原事務室長による司会進行で公開講座がスタート!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
→公開講座開催にあたり、鯨井所長が冒頭で挨拶を述べました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
←にこやかに話をされる五味文彦先生。講義のはじめには、宇都宮名物の餃子や栃木名産のカンピョウ、宇都宮が駅弁発祥の地ともいわれる説についても触れられ、身近な話題に会場全体がリラックスした雰囲気に・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
寒いなか、大勢のみなさまにご来場いただきました。ありがとうございました!
 
次回、H22年度公開講座につきましては、日程が決まり次第、当ホームページや広報紙「とちの実」等でお知らせします。ご期待ください!