猛暑のから実りの
 
 
大学構内から見上げた爽やかな空です。猛暑・酷暑が嘘のように感じられます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大学の西側にある農学部の田圃の稲穂です。正に黄金色になる直前の状態です。美味しい新米のご飯が食べたい季節ですね。
 
 
栃木学習センターの玄関前の銀杏の枝に鈴なりになっている実の写真です。栃木学習センターにいらっしゃる際には、足元にご注意下さい。
 
 
                     枝にしがみついているカヤの実です。国際学部棟の西側にあります。
落果して果皮が無くなった状態のカヤの実です。カヤの材で作られた碁盤は最高級品のようです。碁石を置くと少し盤上が凹み石が安定して、その凹みは対局後には元の状態に復元するそうです。
 
農学部前の芭蕉の花です。
 花の基部には芭蕉の実が付いていました。モンキーバナナに似てはいますが、食べられません。残念
 
食べられそこなったオクラの実。来年の種採取のためだったのでしょうか?
 
私の脳細胞も高温に負けて不活発になってしまい更新が遅れてしまいました。今、大学の周辺にある学生向けの食堂を探訪して歩いています。1970年代そのままのような食堂の390円のカツ丼や洒落た店の550円の定食で「腹くちい」状態になっています。今回も新参者の小林が担当しました。