キャンパスの四季 2010/08/31
 
 
夏の終わり
 
 
記録的な暑さが続く今年の夏。いまだ日中は痛いほどの日差しですが、朝晩ともなると、さすがに過ごしやすくなりました。やはり暦のとおり、もう秋なのでしょう。日が沈むと夜風に乗って涼やかな虫の音が聞こえます。
 
※写真は8月18~27日撮影
 
 
 
 
中央通りにある掲示板もまだ「夏休み」。あと半月もすれば学生が戻ってきて、キャンパス全体が賑やかになることでしょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
栃木学習センター玄関前になぜかビーチサンダルが・・・。宇大生の忘れものでしょうか。なにやらいまにも夏の楽しい思い出を語り出しそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
キャンパス内で足早に歩く浴衣姿の女性を発見。こんな光景も夏ならでは。風流ですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夕暮れのフランス式庭園で。この時間になるとようやく暑さも和らいできました。池の水面ではトンボが気持ちよさそうに飛び交います。園内に響きわたるセミの声は、夏の終わりを告げるように心なしか切なく聞こえました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
少しずつ秋の気配が…
 
 
 
 
秋の季語でもあるハギ。雨あがりに散策すると、本部棟南側では紫色の花が咲いていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
ミニチュアの日本庭園にあるムラサキシキブ。よく見るとちいさな花が咲いています。実は秋が深まるにつれ黄緑から紫色に変わります。
 
 
 
 
 
 
  
 
 
大きく実ったヒョウタンはいまにも蔓から落ちそうなほど。どんな授業で使われるのでしょうか。農学部で。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
【写真上2点】はやくも樹木が紅葉しはじめました。写真左は大学会館前のハナミズキ。写真右は旧講堂前のオウゴンニレ。暑さばかりがなにかとニュースになりがちですが、季節は確実に秋へと向かっているようです。
  
 
 
栃木学習センター前の階段にいたアカトンボ。どうやら草木ではなく、ここが気に入ってしまったようです。シャッターを押しながら逃げやしないか、誰かに踏まれやしないか気を揉んでいましたが、そんな心配もどこへやら、標本のようにカメラに収まってくれました。秋の夕暮れを思わせるきれいな茜色でした。
 
 
 
 
  
 
 
 
この日は午後に激しい雷雨があり、雨があがると雲間から薄日が差してきました。閑散とした校舎の前に所在なく置かれた自転車。何気ない日常の風景にふと夏の終わりを感じました。国際学部と栃木学習センターの間の歩道で。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 ◆キャンパスの四季のバックナンバーはこちらです!
 
 
  
 

 
 
 
* 四季を楽しむ「花ごよみ」ができました! *
 
 
今年1月から8月にかけてこのコーナーでお伝えしてきた花の情報をまとめました。栃木学習センターおすすめの花が見られる場所や見頃(目安)がひと目で分かるようになっています。センターにお越しの際は、ぜひご利用ください!
 
 
◆ 四季を楽しむ 花ごよみ (PDFファイル:615kb)
 
 
~ 栃木学習センターは緑豊かな宇大峰キャンパス構内にあります ~
 
 
 
 
両面印刷(短辺とじ)でプリントアウトし三つ折りにすると、持ち歩きに便利なリーフレットになります。