キャンパスの四季 2010/09/21
 
 
ちいさな秋
 
 
キャンパスの木々がほんのり色づきはじめました。実をたくさんつけている樹木もあります。少しずつではありますが秋の足音が聞こえてきました。
 
※写真は9月21日撮影
  
 
 
 
栃木学習センター近くにある大きなトチノキ。写真は9月11日の様子。昨年は9月上旬には木の下にたくさん実が落ちていましたが、今年は猛暑のせいかずいぶん遅れているようです。
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらが本日(9月21日)撮影した栃の実。中からちらっと顔を覗かせています。今にも割れそうですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
キャンパス内で最も紅葉が早い樹木の一つ、ハナミズキ。朱色の絵の具を散らしたように色づきはじめました。大学会館前で。
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
キャンパス中央通りのカツラの並木。黄葉はまばらではありますが、遠くから眺めると並木全体がうっすら黄色に染まって見えます。
 
 
 
 
 
 
  
 
 
栃木学習センター近くにあるカイノキ。ところどころ色づいた葉っぱは黄葉というよりも褐色に近い色ですが、これも猛暑の影響でしょうか。
 
 
 
 
 
 
  
 
 
栃木学習センター前に落ちていたギンナン。黄色く熟れはじめています。特有の匂いはまだナシ。
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
アキアカネとしばし対峙。この時期は風景のなかに自然にトンボが溶け込み、のどかな印象です。それにしてもトンボにカメラ目線があるとすればこんな表情でしょうか。ミニチュアの日本庭園で。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◆ キャンパスの四季のバックナンバーはこちらです ◆