キャンパスの四季 2010/10/08
 
 
この実なんの実? (その2)
 
 
 
第一部に引き続き、「実りの秋」のコーナー。
キャンパスで見られる秋の風景を、足の向くまま見たままにご紹介します。
 
※写真は10月2~7日撮影
※参考:Oasis 学内樹木マップ (宇都宮大学)
 
 
 
 
◆ハナミズキ◆ 運動場西側、大学会館前にハナミズキの並木があります。ハナミズキの紅葉は赤ワインのような深い色。それに対して実は鮮やかでつややかな赤。
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
ハナミズキの葉にズームすると・・・。緑から赤に紅葉する様がよく分かります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
◆アオハダ◆ 代表的な食用樹の一つで、新芽を食するほか、茶の代用としても用いられてきました。北海道から九州にかけての山地に自生し食用としても古い歴史があるため、全国各地で100以上の呼び名があり、栃木県内でも「こうしゅうぶな」「こしゅうぶち」などと呼ぶ地方があるようです。樹木には雄、雌があり、雌木は秋になると写真のように赤い実をつけます。旧講堂西側で。
 
 
 
 
 
 
◆アメリカヤマゴボウ◆ 北アメリカ原産。明治の初めに日本に入り、今ではあちこちで野生化している多年草。実はブドウのような濃い紫色。農学部で。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◆カクレミノ◆ 庭木でも見られる常緑小高木。大学会館前や本部棟玄関にあります。和名・隠蓑は3裂した葉の形(写真左下参照)を蓑にたとえたもの。実はやがて濃い紫色に変わります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
◆ムラサキシキブ◆  ちょうど今の時期はちいさな実が黄緑から紫に変わる様が見てとれます。ミニチュア日本庭園で。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
◆シダレエゴノキ◆  落葉小高木。果皮にサポニンが含まれ、昔は洗濯や魚とりに使ったようです。農学部・芝生の広場で。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◆サルスベリ◆ 8月にこのコーナーで紹介したサルスベリ。別名「百日紅」の名のとおり、まだ花が残っていますが、近づいてみるとドライフラワーでした。枝には緑の実が。駐車場東側で。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◆カキ◆  野や里の風景が一段と秋らしく見えるのはカキの木があってこそ。農学部・芝生の広場で。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
◆ヒョウタン◆ 8月掲載のページでご紹介したヒョウタン棚。その後収穫された模様で、農学部・温室の前にきれいに並べてありました。これからどこへ行くのでしょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◆タイサンボク◆ 7月掲載のページで紹介したタイサンボクの袋果がこんなに大きくなりました。細かい毛に覆われ、全体がふっくらしたようです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、「実りの秋」はお楽しみいただけましたでしょうか?
キャンパスではこれから本格的な紅葉を迎えます。
引き続き、移りゆくキャンパスの風景をお届けしますので、ご期待ください!
 
 
 
 

 
 
◆「この実なんの実? (その1)」に戻る場合はこちらです。
 
 
◆キャンパスの四季のバックナンバーはこちらです。