キャンパスの四季 2010/11/05
 
 
秋の空
 
 
このところ朝晩冷え込み、薄手のコートが手放せない気候になってきました。栃木学習センターがある宇大峰キャンパスの樹木もずいぶん色づいてきました。
※写真:10月23日~11月5日撮影 
 
 
 
 
雲一つない秋晴れの朝。駐車場から栃木学習センターへ向かう途中にあるカツラの並木も見事に黄葉しています。(11月2日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
抜けるような青空と朝の光のせいでしょうか。透明感のある黄色い葉がセロファンのように見えます。(11月2日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
本部棟の南側、中央通り沿いにウダイカンバというカバ(樺)木の仲間があります。シラカバに似ていますが、それより大振りです。それがちょうど今紅葉しています。(11月5日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
栃木学習センター前の通りで。右手前と右奥に黄葉しているのはカツラの木。一方、左右に立つイチョウが色づくのはもう少し先のようです。(11月2日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
色を重ね、散り惜しむナツツバキ。夏に可憐な白い花を咲かせていたのがずいぶん昔のように思えます。フランス庭園東側、中央通りで。(11月2日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
図書館北西角にあるカイノキも紅葉しはじめています。写真を撮っていると柏瀬省五先生(客員教員)に声をかけられました。「今年の紅葉はちょっと遅いね」「やはり夏の猛暑の影響でしょうか」と、立ち話。(11月4日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
紅葉、落ち葉の頃・・・と情緒ある季節ですが、清掃担当にとっては(特に大きな樹木が多い宇大峰キャンパスのような場所では)苦労が多いことでしょう。美しいキャンパスはこうして守られているのですね。本部棟南側、朝の清掃風景。(11月2日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
  
 
秋はなんといっても空がいい。これは一度描いたあと消しゴムでゴシゴシ消したような雲。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
子供の絵のように心のままに自由に浮かぶ雲。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
吹きぬける風にどんどん雲が流されていきます。大空は万華鏡のようにくるくると表情を変えながら、やがて日暮れを迎えました。農学部で。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
性格の違い?
  
 
 
ある日の昼休み。 農学部の敷地を散策していると、うずくまって動けないでいるハトを発見。大丈夫か!?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
恐る恐る近づいてみると・・・。見間違えでした。怪我で動けないのではなく、ただ日向ぼっこしていたようです。それにしても、こちらの気配に全く気づかず尻を見せて無防備な様子。一方、その近くでやたらとせわしなく動きまわるハトが一羽。
 
 
 
 
 
  
    
 
ひたすら何かを追い求めて歩き続けるハト。その一方で「我関せず」マイペースに構えるハト。この対照的な二羽。なんだか人間の世界と似ていませんか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 

 
  
 
ネコの領分
  
  
 
久しぶりにキャンパスでネコに出会いました。しかも二匹。カメラを構えて近づくと、両者とも険しい顔。彼らの縄張りに侵入してしまったのでしょうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  

クロネコの方が警戒心が強く、すぐに物陰に隠れてしまいました。呼んでも応答なしで、目だけがキョロキョロ。マンガに描けそうな一コマでした。農学部で。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 

 
 
 
実りの季節
 
  
 
10月にこのコーナーで紹介しましたが、フランス式庭園にある大きなシラカシの木の下にドングリがたくさん落ちています。写真を撮っている最中もちいさな実が目の前にポトリ、ポトリ・・・。何かが木の上に棲んでいるような不思議な感覚にとらわれました。
 
 
 
 
  
 
  
 
 
モチノキの実。大きさは1センチほど。樹木に付けられたプレートを見ると、「昔、樹皮からとりもちを作ったので名がある」と書かれていました。ミニチュアの日本庭園で。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
午後の日を浴びたススキの穂が水面に影を落とし、池のなかでゆらゆらと揺れていました。ミニチュアの日本庭園で。
 
 
 
 

 
 
 
 
◆ キャンパスの四季のバックナンバーはこちらです ◆