キャンパスの四季 2010/11/16
 
 
ただいまイチョウ並木が見頃です
 
 
今朝は師走を思わせる寒さで、宇都宮もずいぶん冷え込みました。日中は気持ちのいい青空が広がりましたが、空気は冷たく・・・。季節の変わり目ですので、風邪を引かぬよう体調管理にはくれぐれもお気をつけください。
さて、栃木学習センターがある宇大峰キャンパスでは、ただいまイチョウが見頃を迎えています。
※写真はすべて11月16日撮影
 
 
 
栃木学習センター前のイチョウ並木。ここ1週間でぐっと色づきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
青空を背景に枝をのばすイチョウ。朝からこんな景色を眺めていると気持ちまで澄んできます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
図書館北西角にあるカイノキもただいま見頃を迎えています。昨年と比較すると約1週間紅葉が遅れたようです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フランス式庭園北西角にある大きなモミジバフウの木の下には色とりどりの落ち葉が見られます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
こんなふうに傷ついた紅葉が枝に一枚残っている様も趣があります。フランス式庭園で。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
学生会館南東にあるナンキンハゼ。はっとするほど美しい紅葉に携帯で写真を撮る宇大生の姿も。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
農学部棟西側にあるカエデが上の方から色づきはじめました。日当たりがいいせいか、キャンパス内の他のカエデよりひと足先に見頃を迎えそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
近づいて見るとこんな具合。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
まもなく宇大祭が開催されますが、この時期、構内のあちこちで見られる立看板を眺めるのも楽しみのひとつ。若い学生ならではの自由な発想とセンスが光ります。これは宮澤賢治原作の演劇の案内。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
10月上旬には緑色だったカクレミノの実が、こんな渋い紫になりました。大学会館前で。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鯨井所長に教えてもらったサネカズラの実。別名ビナンカズラ(美男葛)といい、枝の皮の粘液を水に浸出して整髪に用いたことに由来するとのこと。愛らしい赤い実は和菓子の鹿の子を思わせます。駐車場近くで。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
◆キャンパスの四季のバックナンバーはこちらです◆