キャンパスの四季 2010/12/01 
 
 
落ち葉の絨毯を歩いて
 
 
9月よりこのコーナーでお伝えしてきたキャンパスの紅葉もいよいよフィナーレを迎えています。
※写真:11月27日~12月1日撮影
 
 
 
 
朝、来所すると一面に黄色い絨毯が・・・。栃木学習センター前のイチョウ並木は、見頃から10日ほどですっかり散ってしまいました。(11月27日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フランス式庭園北西角にある大きなモミジバフウの木。赤く色づいた葉もずいぶん散ってしまいました。(11月30日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イチョウとモミジバフウの落ち葉のコラボレーション。モミジバフウの葉はカエデよりひとまわり大きく、色も鮮やかで華があります。(11月27日撮影)
 
 
 
 
旧講堂前の風景。イチョウの黄色が白壁に映えます。
(11月30日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
イギリス式庭園で。昨年より落ち葉の量が少ないと思うのは気のせいでしょうか?
(11月27日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
清掃用のリヤカーには色とりどりの落ち葉がぎっしり。担当の方、本当にお疲れ様です!
(11月30日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
栃木学習センター玄関前の清掃風景。背負った機械から吹き出す空気の力でイチョウの落ち葉がみるみるうちに片付いていきます。(12月1日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 鯨井所長がおすすめするカラマツの黄葉。控えめながら静かに色づいています。正門脇で。
(12月1日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夏の開花期にもお伝えしたシマサルスベリ。紅葉は水彩画のような淡い色合い。正門脇で。
(11月30日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
栃木学習センターがある宇大峰キャンパスには大きなイチョウの木がたくさんあります。 写真は旧講堂東側に立つイチョウの雄株。訪れると、親子が楽しそうに落ち葉を拾って遊んでいました。
(11月27日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
落ち葉の季節が終わると、いよいよ本格的な冬の到来です。
まもなく北風とともに厳しい寒さがやってくることでしょう。
 
さて、早いもので今年も残りあとわずかとなりました。
年の瀬にかけてなにかと慌ただしい時期ですが、
風邪を引かぬようご自愛ください。 
 
 
 
 

 
 
◆ 「キャンパスの四季」のバックナンバー ◆
 
 
ページはこちらです!