キャンパスの四季 2011/02/04
 
 
立 春
 
第2学期の単位認定試験が終わり、みなさん一段落されていることでしょう。寒いなか本当にお疲れさまでした。それにしても今年の1月は寒かったですね。日本列島が氷のカーテンにすっぽり覆われたような厳しい冷え込みが続きましたが、2月に入り、ようやく暖かくなりはじめました。微かではありますがキャンパスにも春の足音が聞こえてきました。
※写真:2月2~4日撮影 
 
 
 
 
教育学部音楽棟前に立つ大きなカンコウバイ。辺りに漂う芳しい香り。この木の傍を通ると早くも春を感じます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
さらに寄ると・・・。澄んだ青空に艶やかな紅色が浮かびます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
風に煽られたのでしょうか、花のまま落下するものも。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
旧講堂南側にある白梅が咲きはじめました。1月の寒さもあってか例年より開花が遅いように感じます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
ここにも今にも咲きそうなウメの木が。農学部温室南側で。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
トロリとした蜜蝋を思わせるソシンロウバイ。これは小さい木ですが、とてもいい香りがします。教育学部で。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
春の気分を味わいに農学部温室付近へ足をのばしてみました。 
  
 
 
ガラス越しに温室を覗くと色とりどりの花々が。暖かそうで羨ましい限り。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
種類の違う土がきれいに敷かれた一角。土の濃淡、あるがままの自然の色が美しいと思いました。どんな授業で使われるのでしょうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
   
 
 
きれいに積み上げられ出番を待つプラスチック製の植木鉢。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
温室の外で見つけた刈り取られた稲のプランター。春になったら再び水が張られ田植えが行われるのでしょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
旧講堂前のサンシュユの木。日差しを浴びた幹は暖炉で静かに燃える薪を思わせます。 サンシュユは春になると黄色い花を咲かせますが、今はまだ沈黙したまま。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
雪の残像
 
 
 「宇都宮は寒い」との声を耳にします。意外にも雪は少ないのですが、「日光おろし」が吹き抜けて、しんしんと底冷えする寒さです。写真からこの気候が伝わりますでしょうか。 
 
 
 
雪は少ない宇都宮ですが、不思議と大学入試センター試験の頃になると降るようで・・・。そして今年もセンター試験(1月15~16日)に合わせたように雪が降りました。写真左は2月3日正午のフランス式庭園水場の様子。半月前に降った雪が日陰ではまだこうして融けずに残っています。
 
 
 
 
 
  
 
 
少し前の写真になりますが、大学入試センター試験時に作られた雪ダルマをご紹介。試験後3日経っているので形は崩れていますが、お腹に赤い文字で「センターがんばれ!」と書かれています。これを見た受験生は勇気づけられたことでしょう。生協前で。
【1月19日撮影】
 
 
 
 
 
    
 
 
フランス式庭園の石畳に張られた繊細な紋様の氷。ここ数日の暖かさでまもなく消えてしまうでしょう。