キャンパスの四季 2011/02/13
 
 
春の雪
 
 
前回、キャンパスの春の足音(2月4日更新)をお届けしたばかりですが、ここ数日の雪でまた寒さが戻ってきました。
※写真:2月12~13日撮影
 
 
 
11日から降り続いた雪がキャンパスを白く染めました。写真はミニチュアの日本庭園。この日(12日)は土曜日のせいか人影はまばら、園内も静まりかえっています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
雪解けの氷を載せたカンツバキ。花びらの紅色と雪の対比が美しい。農学部で。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
しばらく乾燥した日が続いていましたが、ここ数日の雪で草木も大地も潤っています。国際学部で。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
雪の帽子をかぶった庭木。国際学部で。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
前回ご紹介した教育学部音楽棟前のカンコウバイ。雪の上に小さなピンクの花びらがいくつも散っていました。写真を撮っていると頭上の枝から芳しい香りが・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
雪がやみ、薄日が差した13日(日曜日)。写真は栃木学習センターへ向かう途中の田園風景。今朝は辺り一面に濃い霧が立ち込め、幻想的でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
栃木学習センター前の並木道で。前日の雪のせいか、キャンパス全体が清められたようなすがすがしい朝を迎えました。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
真っ白な雪の絨毯の上に大きな足跡がくっきり。宇大本部棟南側で。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小さな姉妹が橇を引いて雪を集め、雪ダルマを作る愛らしい姿も。宇大本部棟南側で。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
  
 
雪は止んだものの、今朝は雪の日以上に寒く感じられました。キャンパスにある樹木も氷に包まれています。フランス式庭園で。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
    
 
枝のすみずみまで氷結したサルスベリ。
柔らかな朝の日差しを浴びてキラキラと輝いていました。フランス式庭園で。
 
 
 
 
 
 
◆ キャンパスの四季のバックナンバーはこちらです。 ◆
 
移りゆくキャンパスの風景を写真とともにお楽しみください。