キャンパスの四季 2011/03/03
 
 
 
ひと雨ごとに春らしくなってきました
 
 
この冬は寒かったせいでしょうか。例年に比べてキャンパスの花の開花が遅いように思います。今朝、日本庭園へ行ってみましたが、昨年の今頃に見られたザゼンソウの姿はまだありませんでした。それでもあたりを見渡せば、溢れる光に春の到来を感じます。
※写真:2月26日~3月1日撮影
 
 
 
春風に乗っていい匂いが・・・。宇大峰キャンパス正門を入ってすぐ、宇大本部棟前のウメも見頃を迎えています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
東門近くで出会ったロウバイ。小さい木ですがあたりにいい香りが漂っていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 春の訪れを告げるマンサクは線香花火を思わせる控えめな花。国際学部C棟前で。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 宇大本部棟前の池で気持ちよさそうに悠々と泳ぐコイ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
春のキャンパスでは野鳥のさえずりも心なしか軽やかに響きます。フランス式庭園、大きなシラカシの木の下で。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
中央通りに続くカツラの木の上でウグイス色の小鳥が盛んに何かをついばんでいます。マヒワでしょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日を置いて再びカツラの木の下へ行ってみると・・・。鳥の数が増えているような? 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昼休みに農学部を散策すると、ネコの集会に遭遇しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ネコも4匹揃うと性格もいろいろ。警戒心が強いもの、好奇心旺盛なもの、人懐っこいもの・・・。こちらのネコは大胆不敵。あっという間にお腹を見せて寝てしまいました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
国際学部C棟前、運動場脇に立つこの大きな木はモクレンでしょうか。枝には一面にふわふわの花芽が。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
足元を見ると、陽だまりに黄色いクロッカスが。農学部で。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
空気はまだ冷たいものの、日差しは確実に力強くなりました。あと1ヶ月もすればキャンパスの樹木がいっせいに芽吹き 、本格的な春を迎えることでしょう。宇大本部棟西側で。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
◆ キャンパスの四季のバックナンバーはこちらです ◆