キャンパスの四季 2011/04/17
 
 
 
ただいまサクラが満開です
 
 
栃木学習センターがある宇大峰キャンパスのサクラが見頃を迎えています。 
※4月14~17日撮影
 
 
 
教養学部と国際学部の間にある大小のシダレザクラ。眺めていると薄紅色の天蓋に包まれたようです。通りには新入生と思しき初々しい学生の姿も。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
  
 
新装なった宇大本部棟東側、ソメイヨシノの並木。15日(金)は初夏を思わせる陽気で、満開のサクラの下では宇大生がのんびり花見を楽しんでいました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
農学部にある見事な一本桜。この辺りは正門から離れているため静かで、花見の穴場と言えます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キャンパスにはさまざまな種類のサクラがあります。こちらはオムロアリアケ。プレートには「古くから京都の仁和寺(御室御所)に植えられていた桜。樹形や花の雰囲気にどこか梅との交雑がイメージされる桜」と書かれています。気品のある花。(宇大本部棟南側)
 
 
 
 
 
 
 
 
オムロアリアケの隣にあるナデンという品種のサクラ。淡いピンクが愛らしい。(宇大本部棟南側) 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
  
 
峰ヶ丘講堂の白壁に映えるシダレザクラ。花が散る頃には、入れ替わるように講堂正面玄関のサトザクラが開花することでしょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
今の時期に見られる、鯨井所長おすすめの花を2つ紹介します。峰ヶ丘講堂裏手、書庫南側にあるセンダイヤ(仙台屋桜)。若木で小振りですが可憐な花をつけています。午後の日差しを浴びて花びらが透けて見えるようです。
(※震災の影響で大谷石の書庫の周囲は立ち入り禁止になっています。ご注意ください)
  
 
 
もう一つはイギリス式庭園にあるスミレの小さな群落。園内の片隅でひっそりと咲いています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
まわりの土を踏まないよう注意しながら写真を撮りました。水彩絵の具で描いたような淡い紫色
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
  
 
イギリス式庭園で不思議な木箱を発見。木のまわりをぐるりと一周してみましたが木箱に入口(穴)はありませんでした。野鳥の巣箱にしては大きすぎるようです。何かの研究で使われるのでしょうか? 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
栃木県の県木であり、栃木学習センター機関紙「とちの実」でもおなじみのトチノキ。大きな枝のあちこちに若芽が見られます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4月7日にはツボミだったハナズオウ。ここ数日で一気に開花しました。宇大本部棟南側で。(4月17日撮影)。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カメラを手にキャンパスを歩いていると、見慣れたはずの風景が新鮮に見えることがあります。ここにこんな花木があったのかと改めて知ることもたびたびです。農学部で。
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
大学会館前の花桃のプロムナード。新芽の淡い緑に、色とりどりの花々…。キャンパスには春の色があふれています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
まばゆいばかりの新緑。サクラが散る頃にはキャンパスは輝くような緑に包まれることでしょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 

 
 
 
◆◇◆ バックナンバー ◆◇◆
 
 
 
◆4月上旬のキャンパスの風景はこちらです。
 
 
◆「キャンパスの四季」のバックナンバーはこちらです。