キャンパスの四季 2011/05/11
 
 
風薫る
 
 
初夏のキャンパスの風景をお伝えします。 
 
 
 
少し前の写真になりますが、峰ヶ丘講堂玄関前のサトザクラを紹介します。キャンパス内にあるサクラのなかでは開花が最も遅く、4月下旬まで花見を楽しめます。幾重にも重なるピンクが講堂の白壁に映えます。(以下4点、5月1日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
  
 
歴史を感じさせる講堂の石段にもサクラの花びらが降り積もっていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
    
 
目を凝らすと、小さなアリが花びらの絨毯の上を闊歩しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
    
 

雨に散ったサクラの花びらが一枚、車の窓ガラスに付いていました。花の「体温」が感じられるようです。日暮れ前駐車場で。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
峰キャンパスのシンボルであり、宇都宮百景に選ばれているフランス式庭園。4月中旬から幾何学模様の植え込みのツツジが見頃を迎えています。写真左は5月1日に撮影したもの。現在(11日)でも、若干色は褪せてしまったものの、しっかり花をつけています。
 
 
 
 
 
   
 
きれいに刈り込まれた園内のツツジ。青い芝生とピンクのコントラストが美しい。(5月10日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
    
 
涼しい鈴の音が聞こえてきそうな清楚なスズラン。カメラを片手に広いキャンパスを歩いて気になるのは、こんな控えめな花たちです。フランス式庭園で。(5月1日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
地面に落ちてしまった樹木プレート「カンボク」に寄り添うように咲くのはヤエヤマブキでしょうか。フランス式庭園で。(5月1日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
風を待つタンポポの綿毛。間近で観察すると、繊細な絹糸のようです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
今の季節、フランス式庭園では色とりどりの花が見られます。主役はやはりボタンでしょう。(5月10日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
開いたばかりの大輪のボタンに柔らかい雨が降りました。まさに今が見頃。(5月7日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
雨に打たれた石や苔は実にいい表情を見せてくれます。フランス式庭園の花壇で。(5月7日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
栃木学習センター前のイチョウとカツラの並木道。時折雨が落ちるあいにくの天気ですが、新緑だからか、明るく清々しく感じます。(5月10日撮影) 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
昨年、開花の様子をお伝えしたイギリス庭園のカルミア。コンペイトウのような愛らしいツボミが淡いピンクに染まりはじめました。(5月10日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
  
  
 
 
ボタンの葉の上に落ちた雨の滴。新緑がいっそう美しく見えるのはこんな雨あがりです。フランス式庭園で。(5月7日撮影)
 
 
  
 
 

 
 
 
◆◇◆ キャンパスの四季 ◆◇◆
 
 
バックナンバーはこちらです