キャンパスの四季 2011/05/21
 
 
花の季節
 
 
ここのところ夏日が続き、キャンパスでは初夏の花が次々に開花しています。鯨井所長曰く「今年は花の当たり年」。カルミアやシャクナゲなど例年になく見事に花を咲かせています。栃木学習センターにお越しの際は、ぜひご覧ください。
(写真:ハクウンボク以外は全て5月20~21日撮影)
 
 

 
 
 
栃木学習センター前の並木道。日差しはすっかり真夏のよう。本日21日(土)は面接授業や特別ゼミがあるため放大生の姿が多く、館内が賑やかです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
少し前に見頃を迎えたハクウンボクを紹介します。その名の通り、白い雲を思わせる美しい花。フランス式庭園で。(5月15日撮影) 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
今の時期、見所はなんといってもイギリス式庭園にあるカルミア。長い間キャンパスの花を見つめ続けてきた鯨井所長が「こんなに見事に花をつけたのは初めて」と言うほど圧巻です。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5月21日の開花の様子。ここ数日で満開を迎えることでしょう。お見逃しなく!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
昨年は見事に花をつけたもう一本のカルミア(若木)ですが、今年はほとんど花がありません。見事に花が咲く年と咲かない年。どうやら一年おきにサイクルがあるようです。人間もそうかもしれませんが、花が「開花」するには休息が必要なのかもしれません。
 
 
 
 
 
   
 
 
写真上、カルミアの若木の開花の様子。ご覧のとおり、枝にはほとんど花がありません。わずかに見られるツボミは白く、赤みがありません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
イギリス庭園にあるシャクナゲ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スイレンが浮かぶミニチュアの日本庭園。池のほとりでアヤメが咲いてます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
日本庭園の築山一帯にシャガが咲いています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日本庭園の池のほとりには可憐なユキノシタも。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
日本庭園、アカヤシオツツジの裏側にはタツナミソウ、あるいはその仲間と思われる花の群落がありました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
トウゴクシソバタツナミソウでしょうか。正確な花の名前は分かりませんが、とてもきれいです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
素人目にも、葉の形状から二種類の花(写真右<葉が濃いもの>と写真左<葉が薄いもの>)があるようです。こうして植物図鑑を片手に「謎解き」をするのも楽しみの一つ。
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
国際学部の中庭にあるサンショウバラ。今年も見事に咲きました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
溜息がでるような可憐な花です。日中眺めるよりも朝が一番きれいだと思いました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
開花するとすぐに散ってしまい「幻の花」とも言われるサンショウバラ。落ちた花びらは瑞々しくきれいなハート型をしています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
栃木学習センターから駐車場へ向かって歩くと風に乗っていい匂いが…。その芳しい香りの先にはウケザキオオヤマレンゲが咲いています。運動場脇で。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
大学会館前に立つ宇大山岳部の立て看板。山の季節、到来。見ているだけで楽しそうですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
運動場西側に立つ大きなキリの木。グラウンドでは宇大生によるサッカーの授業が行われており、実に賑やかです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
キリの花は高い位置に咲いているため間近で観察できなかったのですが、大きな木の下には薄紫の花びらがたくさん落ちていました。手に取ると、とてもいい香りがしました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
栃木県の県木であるトチノキ。初夏の青空の下、大きな葉がひらひらと揺れていました。宇大本部棟前で。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
◆◇◆ キャンパス四季バックナンバーはこちらです ◆◇◆