キャンパスの四季 2010/06/01
 
 
雨を聴く
 
 
関東地方は早くも梅雨入り。緑と雨のキャンパスをお伝えします。
※写真:5月24日~6月1日撮影
  
 
 
イギリス式庭園のヤマボウシ。雨の季節は白い花が似合います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
甘い香りがするウケザキオオヤマレンゲ。運動場脇で。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この時期はキャンパスのあちこちでノイバラが咲いています。風に乗ってとてもいい香りがします。駐車場近くで。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鯨井所長に教えてもらったギンミズヒキ。その名のとおり水引に似ています。日本庭園築山で。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
鏡のように静止した池に真っ白なスイレンが浮かんでいました。フランス式庭園で。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
風に揺られてひらひら舞うシャガ。日本庭園で。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
大きなユリノキ。花の形がチューリップに似ていることから英名は「チューリップトゥリー」といいます。キャンパス南側、保育園そばで。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鮮やかな紅色がまぶしいセイヨウシャクナゲ。宇大本部棟前で。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いろいろな花が楽しめるイギリス式庭園は憩いの場。昼休みは園内のベンチで昼食をとったり散歩を楽しむ学生や職員の姿が見られます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日本庭園の池に顔を出すザゼンソウ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
春先まで閉じられていた巣箱の扉が開きました。何の研究で使われるのでしょうか。イギリス式庭園で。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大きなサクラの木の上で野鳥を発見。オナガでしょうか。ブルーグレーの長い尾が印象的です。農学部で。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
雨上がり、物思いにふけるネコ。あるいはただ眠いのか。農学部教室前で。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
本日(6月1日)キャンパス内では虫取り網を手に歩く宇大生に大勢出会いました。聞くとチョウや虫を採取し標本等を作るとのこと。写真はキャンパス外、西側の歩道で。笑い声と笑顔があふれていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
雨がふったり、やんだり・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
雨をまとったクモの巣。
写真を撮っていると空が明るくなってきました。まもなく雨は上がるでしょう。
農学部で。
 
  
 
 

 
 
 
 
◆◇◆ キャンパスの四季 ◆◇◆
 
バックナンバーはこちらです