2011/06/22 キャンパスの四季
 
 
雨の庭園を歩く
 
 
花の季節。雨あがりにキャンパスを歩きました。
 
 
 
イギリス式庭園内、木製ベンチ脇に大きなヒメシャラの木があります。先ほどまで雨が降っていたからか、木の下に白い花がたくさん落ちていました。(6月17日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
可憐なヒメシャラの花。見頃は過ぎたように思いますが、まだツボミが見られます。(6月17日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
下に落ちたヒメシャラの花。雨と土の匂いに交じって甘い花の香りがしました。(6月17日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イギリス式庭園の樹木にマーキングが・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
幹に付けられたプレートを見ると「実生の生態研究につき枠内は立ち入り禁止」と書かれています。宇大生が研究に使うのでしょう。(6月17日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
落下したナツツバキはコサージュのよう。木の下に一面に咲くイワダレソウ(ヒメイワダレソウ)も愛らしい。イワダレソウ(ヒメイワダレソウ)は最近、カバープラントとして注目されている植物。地面を覆うようにして広がる性質があるので芝生の代わりに庭などに植えられます。農学部で。(6月17日撮影)
 
 
  
 
 
 
ナツツバキのツボミを吸うテントウムシ。味わうことに夢中で、こちらには全く気付かぬ様子。(6月19日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
少し前の写真ですが紹介します。農学部にある芝生の広場に咲くシモツケ。この日は芝生の上で宇大生が輪になり楽しそうに談話をしていました。(6月8日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
花の名は分かりませんが、きれいです。野の花でしょうか。駐車場近くで。(6月19日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今の時期キャンパスのあちこちで見られるムラサキカタバミ。農学部温室脇で。(6月19日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鯨井所長から日本庭園にある大きなユリノキの幹にテイカカズラが巻きついて花をつけていると聞き、さっそく行ってみました。(6月17日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なにしろユリノキが高いため(目視ですが4~5階建てビルと同じくらいの高さがあります)、巻きついているテイカカズラの花も高い位置にあってよく見えないのですが、清楚な花のようです。ちなみに和名テイカカズラ(定家葛)は藤原定家に由来します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この時期は花だけでなくさまざまな実も見られます。写真はビワの実。農学部で。(6月17日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オオシマザクラの実はきれいな朱色。駐車場近くで。(6月19日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キャンパス南西角の桃園に咲くアスチルベ。ピンクのグラデーションが美しい。(6月19日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レンガの道に落ちていた鳥の羽。こうして見るとなかなかアートです。(6月19日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キャンパスのアジサイが見頃を迎えています。(6月19日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アジサイが咲く道で。アジサイは雨の日か、こんな曇天の空模様が似合います。農学部で。(6月19日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
◆◇◆ キャンパスの四季バックナンバー ◆◇◆
 
ページはこちらです