キャンパスの四季 2011/08/17
 
 
残暑お見舞い申し上げます
 
 
第1学期単位認定試験が終わって、はや半月。連日猛暑が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。栃木学習センターがある宇大峰キャンパスは、宇大の夏休み期間とあって人影まばら。強い日差しがじりじりと照りつけるなか、濃い緑の木々からはセミの声が降り注いでいます。
まだしばらくは暑さが続くようですが、くれぐれもご自愛ください。
※写真:8月3~11日撮影
 
 
 
 
この時期の花といえばサルスベリ。キャンパス奥、駐車場と運動場の間の道沿いには3色のサルスベリの花が見られます(手前から濃いピンク、白、薄紫の花)。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
濃いピンクのサルスベリの花は夏の強い日差しに似合います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
正門脇にあるシマサルスベリの花はレースのような清楚な印象です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大谷石の花壇を彩るランタナ。宇大フランス式庭園の魅力は、随所に使われたこの味わいのある大谷石だと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
以前、宇大生のグループが手入れをしていたプランターに咲くエボルブルス(アメリカン・ブルー)。国際学部前で。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
扇子のようなアメリカフヨウが風に揺られてユラユラと・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大空に向かって。農学部の畑で。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
太陽を浴びるトマト。宇大は夏休み期間ですが、学生が畑に水をあげているようです。農学部の畑で。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
朝、風のように自転車で通り過ぎる子供に出会いました。楽しい夏休み。どこかへ遊びに行く途中でしょうか。駐車場から栃木学習センターへ向かう途中、運動場脇歩道で。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いまにも動き出しそうなセミの抜け殻。フランス式庭園で。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
栃木学習センター前の壁に藁が付いていると思ったら、ナナフシでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
国際学部玄関前にこんな憩いのスペースが出来たようです。きれいなマリンブルーのパラソルが印象的です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宇大附属図書館と放送大学栃木学習センターの共有スペース「アトリウム」。吹き抜けの空間に日除け用のネットが張られています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
附属図書館前のイチョウの木には早くもギンナンがたくさん実っています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヤマボウシの木の上では小鳥が5~6羽、何かをついばんでいます。近くへ行ってみると、木の下にはイチゴに似た小さな赤い実がたくさん落ちていました。イギリス式庭園で。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宇都宮名物、雷。この日の夕方も突然雷雨があり、スコールのような雨が降りました。栃木学習センター玄関前ではたくさんの人が雨宿りをしていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
雨が上がった後の空はどことなく夏の終わりを感じさせました。駐車場で。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
◆◇◆ キャンパスの四季 バックナンバー ◆◇◆ 
 
 
 
ページはこちらです