キャンパスの四季 2011/09/13
 
 
秋の足音
 
 
夏から秋へ・・・。季節の狭間、移りゆくキャンパスの風景を写真とともに振り返ります。
 
 
 
人間の背丈以上に伸びたハギ。小さな濃いピンクの花は雨が似合います。宇大本部棟南側にある池の前で。(9月1日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
正門から栃木学習センターへ向かう途中にある大きなケヤキの木。まもなく葉が色づくことでしょう。(9月7日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ザクロの木の枝にはたわわに実がなっていました。農学部で。
(9月2日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
直径1センチほどの朱色のコブシの実。フランス式庭園で。
(9月7日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大きなシラカシの木の下で。風に煽られたのか、実が熟す前に落下したようです。フランス式庭園で。(9月7日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
栃木県の県木であるトチノキにもたくさん実がなっています。
(9月7日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
運動場西側に続くモモのプロムナード。小ぶりな木の下にはたくさんの実が。
(9月8日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
愛らしいモモの実。直径は5センチほど。(9月8日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
朝、駐車場から栃木学習センターへ向かう途中、好奇心旺盛なネコに出会いました。
(9月7日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
前を向いたまま静止するトンボ。フランス式庭園で。
(9月3日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キャンパスに舞うチョウ。コヒョウモン、あるいはヒョウモンチョウという名のチョウでしょうか。フランス式庭園で。(8月27日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
羽が傷つき、うまく飛べないでいるクロアゲハ。農学部で。
(8月27日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
体長5センチほどの可憐なシジミチョウ。チョウは警戒心が強いのか、近づくとすぐに逃げてしまうのですが、その場で待つこと5分。ようやくカメラに収めることが出来ました。農学部で。
(8月27日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
名前の通り、外側と内側の紋様がシジミ(貝殻)をイメージさせます。(8月27日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シジミチョウが羽を開きました。水彩絵の具で描いたような繊細な模様です。
(8月27日撮影)
 
 
  
 
 

 
 
 
 
◆ キャンパスの四季 ◆
 
 
バックナンバーはこちらです