キャンパスの四季2012/03/01 
 
 
銀世界
 
 
昨日(2月29日)、キャンパスに雪が降りました。正午の時点で積雪は7センチほど。宇都宮市内でこれほど雪が降るのは珍しいと思います。さっそく昼休みにキャンパスを探検しました。
 ※写真:2月29日撮影
 
 
 
栃木学習センター前の並木道もご覧のとおり。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
雪が足にまとわりつき、思うように歩けません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはフランス式庭園。幾何学模様の植え込みや庭園内の歩道が全く分からない状態です。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一片3センチくらいの大きな雪がひらひらと舞います。フランス式庭園で。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フランス式庭園内を元気に歩く宇大生(写真右下)。ピンクの傘が花のようです。キャンパスではデジカメや携帯を片手に雪景色を撮る姿があちこちで見られました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
しんと静まり返ったイギリス式庭園。 時々大きな木の上から雪の塊が落ちてきて地鳴りのような轟音が響いていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
雪の重みで枝があちこちで折れています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
旧講堂裏のウメの木も寒そうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
せっかく膨みかけたウメのツボミも雪を被っています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
雪に埋もれた自転車。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
バイク駐輪場は判別できないほど。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
モノトーンの世界が美しい。宇大峰キャンパスは新緑や紅葉の時期もきれいですが、こんな雪景色もいいものです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宇大本部棟と図書館の間の歩道で。中には転ぶ人の姿も。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宇大本部棟前の彫刻もいつもと違った雰囲気に・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
栃木学習センター前で。雪の日とあって放大生の来所はいつもより少なめでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宇大教育学部音楽棟前のウメの木。白い雪とウメの花の対比がきれいです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
暖かい春をじっと待つウメの花。
 
 
 
 
 
翌朝(3月1日)、宇大生協前に大きな雪だるまが2つ並んでいました。宇大生が作ったのでしょう。朝日を浴びて融け始めていました。(3月1日撮影)