キャンパスの四季 2010/04/21
 
 
野も笑う
 
 
4月とはいえ肌寒い日が続いたせいでしょうか。例年に比べて桜の開花が遅く、花を楽しめる時期も長かったように思います。
前回の記事以降、桜の風景を中心に、春たけなわのキャンパスをお届けします。
 
 
 
 
国際学部と教育学部音楽棟の間にあるシダレザクラがようやく満開を迎えました。薄紅色の天蓋の下を学生が行き交います。(4月21日撮影)
  
 
 
 
【写真右】満開になったと思ったら、早くも葉桜が・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【写真上と右】匂うがごとく。農学部棟とイギリス庭園の間にある大きなソメイヨシノも満開です。(4月11日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【写真左】峰キャンパスの桜の有終の美を飾るのは、旧講堂前に立つサトザクラ。大ぶりの濃いピンクの花がファサードを彩ります。(5月1日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
【写真上と右】駐車場南側にある桃の園。枝ぶりといい色合いといい、桃は実に賑やかで、青空のもと一面に振袖を広げたようです。(4月21日撮影)
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
【写真左】あまたある宇大サークル案内のなかでも最もセンスを感じさせる自転車愛好会の立て看板。なにやら無性にサイクリングしたく なりました!(4月21日撮影)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
花壇にも、植え込みにも、道端にも・・・春の色が溢れています。
 
 
 
 
銀色の生糸のようなタンポポの綿毛。
花は散り、種は風に乗って、野にまた新たな命を育みます。
(4月21日撮影)