トピックス 2011/04/16
 
 
栃木学習センター学生有志
 
東日本大震災、支援活動報告
 
 
このたびの震災で多くの方々が被災され悲惨な状況にあります。放送大学生として何かお手伝いできないか。修士全科生・大島秀代さんを代表に、栃木学習センター学生有志で「被災地支援グループ」を立ち上げ、4月12日(火)仙台・石巻・女川を訪問しました。
 
 
 
 
12日(火)栃木学習センター学生3名で被災地を訪ねました。早朝、栃木学習センターを出発し、東北自動車道を利用して被災地へ。写真は仙台付近で自衛隊の救援車両とすれ違う様子。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
仙台~石巻を経由し宮城県女川町へ。写真は甚大な被害を受けた女川町中心市街地の様子。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
自衛隊が懸命に活動していました。(女川町)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大島秀代代表が持参したメロンパン300個を自衛隊員に渡しました。(女川町災害ボランティアセンターで)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
災害ボランティアセンターで女川町社会福祉協議会長・阿部さんと対話。受け入れ先の対応が少しずつ整ってきたといい、復興に向けて準備を進めていると伺いました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
女川第二小学校で教頭先生と懇談。いま何が必要か尋ねると、文房具ではなく「清掃に使う雑巾です」とのこと。私たちは栃木に戻り次第、雑巾を準備しようと話し合いました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
最後に仙台市街へ向かい、放送大学宮城学習センター(東北大学片平キャンパス金研構内)を慰問。持参したメロンパンを畠平事務長へ渡しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宮城学習センター職員や学生と交流。みなさんが温かく迎えてくれました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回被災地を訪問して、その被害の大きさに圧倒されました。また、現地の責任者にお会いして支援とは何かということを改めて知ることができました。放送大学栃木学習センター「被災地支援グループ」は今後とも様々な形での支援を継続します。ご協力ください。(代表:大島秀代)