平成23年度学生研修旅行・開催報告
 
秋の会津、歴史探訪
 
爽やかな秋晴れに恵まれた10月8日(土)。学生34名と教職員4名で学生研修旅行に行ってきました。 今回の旅先は福島県会津若松市。今年3月に赤瓦葺替工事が完了した鶴ヶ城や、白虎隊の悲劇で知られる飯盛山、酒処・会津ならではの酒造歴史館の見学や、郷土料理「わっぱ飯」を味わう昼食など、目と舌で楽しむ旅行となりました。
 
行程◆
栃木学習センター発⇒鶴ヶ城(見学)⇒割烹・ 田季野(昼食:わっぱ飯)⇒会津酒造歴史館(見学)⇒ 飯盛山(見学)⇒ 栃木学習センター着
 
◆参加者
計38名(学生34名、教職員4名:鯨井所長、戸島事務長、柏瀬先生[客員教員]含む)
 
   
 
 
朝8:00に栃木学習センターを出発してから約3時間。会津若松市のシンボル「鶴ヶ城」に到着しました。城址公園内ではボランティアガイドによる案内があり、参加者は熱心に耳を傾けていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
北出丸から椿坂を経由して本丸へ。途中、枡形には「遊女石」と呼ばれる一際大きな石(写真右下)を組んだ石垣が見られます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
蘆名、伊達(政宗)、蒲生(氏郷)、上杉(景勝)、加藤(嘉明)、そして会津藩祖・保科正之を経て会津松平家へ・・・。城内には会津を治めた錚々たる武将の家紋が掲示されています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今年3月に赤瓦葺替工事が完了した「鶴ヶ城」。赤瓦は会津藩祖・保科正之の時代に葺き替えられたとの記録があるそうで、表面に釉薬を施して焼いた赤瓦は強度があり、会津の冬の厳しい寒さや凍結にも耐える効果があるとのこと。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
改修工事を終えたばかりの「鶴ヶ城」の前で記念撮影。後列右端には甲冑姿の武士が・・・。観光ガイドの方でしょうか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
城主の気分で城内を眺めると、このたび葺き替えられた赤瓦が間近で観察できます。現在の天守閣は昭和40年(1965年)に再建されたもので、内部は郷土博物館になっています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
唱歌「荒城の月」の舞台になったとも言われる鶴ヶ城。本丸の東南に立つ歌碑の前で「荒城の月」を熱唱しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「鶴ヶ城」見学の後は、お楽しみの昼食会。今回は割烹・田季野で会津の郷土料理「わっぱ飯」を堪能しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昼食後は「会津酒造歴史館」へ。ここは鶴ヶ城の北門前に位置し、武家屋敷の跡地でもあります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「会津酒造歴史館」は会津の酒「宮泉(みやいずみ)」の醸造元が運営する施設です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
醸造元の担当者から説明を受ける様子。施設内では醸造工程の見学や、清酒・焼酎の試飲も出来ます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宮泉銘醸では日本酒だけでなく米焼酎も醸造しており、焼酎の工程についても学べます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
見学を終えて土産を手にバスに戻る一行。旅先で増えるのは思い出だけではないようです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回最後の見学スポット、白虎隊の悲劇でも知られる飯盛山へ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
飯盛山の上では凛々しい女武者(現地係員)が音楽に乗せて剣舞を披露しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今も献花が絶えない白虎隊十九士の墓。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
傾きかけた陽を浴びながら飯盛山から会津市街を望むと、遠くに鶴ヶ城が霞んで見えます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カメラが天守閣を捕らえました。白虎隊士はここからどんな思いで鶴ヶ城を眺めたのでしょうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こうして会津の歴史に思いを馳せた一日が終わりました。
  
 
 
◆ みなさんお疲れさまでした! ◆