2011/10/22掲載
 
平成23年度第2回
放送大学栃木学習センター公開講座
 
 「経営学の名著を読む」 開催報告
 ~ ドラッカーの経営思想・現代社会観 ~
 
10月16日(日)公開講座「経営学の名著を読む~ドラッカーの経営思想・現代社会観~」を開講しました。会場となった宇都宮市立東図書館には一般市民78名が集い、講師の話に熱心に耳を傾けていました。
 
【講師】
日高 定昭 氏  (放送大学客員教授、作新学院大学経営学部教授)
那須野 公人 氏 (作新学院大学経営学部教授)
 
【日時】平成23年10月16日(日)13:30~16:30
【会場】宇都宮市立東図書館 2階集会室(入場無料)
【主催】放送大学栃木学習センター 【共催】宇都宮市立東図書館
 
 
 

 
 
 
 
 
本講座が開催される宇都宮市立東図書館玄関前に到着しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
会場の2階集会室へ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
13:30から公開講座がスタート。冒頭で放送大学栃木学習センター・鯨井佑士所長が挨拶を述べました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
続いて宇都宮市立東図書館・福田祐一館長が挨拶を述べました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鯨井所長による講師紹介の後、いよいよ講義がスタート。今回のテーマは「経営学の名著を読む~ドラッカーの経営思想・現代社会観~」。まず日高定昭先生(放送大学客員教授、作新学院大学経営学部教授) が本講座の概要を述べ、経営学者P・F・ドラッカー(1909~2005)の生涯や著作について簡単に触れながら、近年のドラッカーブームについても見解を述べました。
 
 
ベストセラーとなった小説「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」 を手にする日高定昭先生。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
続いて那須野公人先生(作新学院大学経営学部教授)が登場。「フォード経営とドラッカー『マネジメント』」と題したレジュメに沿って、フォード社の歴史や、ドラッカーに先行するヘンリー・フォードの経営理論を踏まえながらドラッカーの視点について語りました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
那須野公人先生による講義の後、日高定昭先生が再び登場。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
約2時間に渡る講義の後は質疑応答が活発に行われました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 

 
  
 
◆次回公開講座のご案内◆
 
 
次回はまちづくりに関する講座を開講します。
みなさまのご参加を心よりお待ちしています。 
 
講座名
縮退社会におけるまちづくりを考える パートⅡ
~ 仕事をどうつくり守るのか ~
講師名
陣内 雄次 氏(放送大学客員教授、宇都宮大学教育学部教授) 
北島 滋 氏(宇都宮大学名誉教授)
松本 謙 氏([株]ファーマーズ・フォレスト代表取締役社長)
綱川 直子 氏(アンティークEBIZO)
岩井 俊宗 氏(NPO法人とちぎユースサポーターズネットワーク共同代表)
開催日時
平成24年2月12日(日)13時30分~16時30分
会場
放送大学栃木学習センター
定員
100名 
    対象 一般市民
受講料
無料
事前申込
要(電話またはFAX) ※問合先:栃木学習センター
概要
  
 
 
その他