◆ 2月公開講座のご案内 ◆
 
 
 昨年2月に開催され、好評を博した公開講座「縮退社会におけるまちづくりを考える」の第二弾です。
 人口減少、超高齢社会、少子化という未曽有の「縮退社会」を迎えつつある日本では、今後どのようなまちづくりが必要でしょうか。本講座では、「地域と仕事」に焦点を当てた基調講演、事例報告を参考に「縮退社会」におけるまちづくりと仕事づくりのあり方や方向性について考えます。 
 
公開講座ポスター [PDFファイル]
 
講師紹介(経歴) [PDFファイル]  
 
 
講座名
縮退社会におけるまちづくりを考える
~ 仕事をどうつくり守るのか ~
講師名
【コーディネーター】
陣内 雄次
(放送大学客員教授、宇都宮大学教授) 
 
【基調講演者兼パネラー】
北島 滋
(宇都宮大学名誉教授)
 
【事例報告者兼パネラー】
松本 謙
([株]ファーマーズ・フォレスト代表取締役社長)
綱川 直子
(アンティークEBIZO代表)
岩井 俊宗
(NPO法人とちぎユースサポーターズネットワーク共同代表)
開催日時
平成24年2月12日(日曜) 13時30分~16時30分
会場
放送大学栃木学習センター
定員
100名 
      対象 一般市民
受講料
無料
事前申込
要(電話またはFAX) ※問合先:栃木学習センター