平成23年度
「卒業研究発表会」開催報告
 
4月1日(日)10:00~栃木学習センター大講義室において「平成23年度卒業研究発表会」を開催しました。今回は4名の発表者が1年間取り組んできた研究テーマについて熱弁を奮い、鯨井所長はじめ、将来、卒業研究履修を希望している学生約30名も参加し、質疑応答や苦心した話題で会場は熱気に包まれました。
 
 
【卒業研究発表者】
 
◆ミャンマーにおける「日本的経営」の現状と課題
村井 義男 (人間と文化)
 
◆高齢者の住まいの現状と今後のあり方に関する研究
大島 淑江 (生活と福祉)
 
◆栃木県南部の生態系の時代変遷
池田 和之 (自然と環境)
 
◆高齢者の食と味覚
若松 厚子(生活と福祉)
  
 
 
 
鯨井佑士所長(中央)と卒業研究発表者のみなさんで記念撮影