● 面接授業探訪 ●
 
 
 
2012年度第1学期「タケの世界、世界のタケ」
 
(5月26・27日開講)
 
 
 
去る5月26・27日に栃木学習センターにて面接授業「タケの世界、世界のタケ」が行われました。講師は、タケ研究の第一人者である小林幹夫先生(宇都宮大学名誉教授)。この授業では、講義室での講義に加え、栃木学習センターのある宇都宮大学峰キャンパスを歩いてまわり、実際に生育しているタケやササ、イネ科や単子葉植物などを観察しました。その授業の一部をご紹介します。
  
                                     
 
 
 
 
 講義室から外へ出て、早速栃
 
木学習センター前で、観察授業
 
開始です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実際に「ヒメヤブラン」を抜いて解
 
説をする小林先生。受講生は、
 
先生を取り囲むようにして、解説
 
を聞いていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今度は、場所を移して、フランス
 
庭園で観察です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 フランス庭園の「シラン」(シロバ
 
ナシラン)を観察後は、イギリス庭
 
園へ移動。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 葉の細かいところまで解説をする
 
小林先生。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
峰キャンパス周辺にも、たくさん
 
の植物が生育しています。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
総合メディア基盤センター南側に
 
あるバショウ(通称「バナナの
 
木」)。
 
多年草のため、このように切って
 
もまた萌芽します。
 
 
 
 
 
 
 
 
バショウの断面です。葉鞘が重なり合って、茎を取り巻いています。
 
 
 
 
 
 
 バショウの葉はとても大きく、
 
裂けやすい。
 
先生の実演に見入る受講生。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 講義室では、世界中のタケやサ
 
サが紹介されました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 タケでできた楽器も紹介。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 先生の豊富な資料に加え、熱意
 
のこもった授業に、受講生たちも
 
真剣に耳を傾けます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2日間の授業を終え、助手の三
 
樹さんと記念撮影。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 ◆ 2日間おつかれさまでした。 ◆