H24年度第1学期:面接授業
 
「奥日光の野生動物 」開講レポート
(Vol.1)
 
 
7月7日(土)~8日(日)、面接授業『奥日光の野生動物』を開講しました。講師を務めるのは小金澤正昭先生(宇都宮大学教授)。受講生は栃木を含む関東ブロックほか、宮城、福島、愛知、兵庫、京都から計26名が参加。宇都宮大学附属施設「日光自然ふれあいハウス」に宿泊しながら、2日間にわたってユニークな授業が行われました。
 
◆授業概要◆
奥日光は、シカの急激な増加によって、森林生態系が大きく歪んできています。直接的な影響は、食べ物である植物に現れ、シカが好む植物は減少、消失し、代わってシカが食べない植物が繁茂しました。また、この影響は、栄養学的カスケードと呼ばれ、シカと同じ生態学的な位置にあるカモシカ、ノウサギ、ハタネズミ、蝶類にまで影響が及び、さらに、より上位種に及んでいます。講義では、実状を視察し、これからを考えます。
 
 

 
 
 ◆1日目/7月7日(土)◆
  
 
 
事務室スタッフは一足先に戦場ヶ原(赤沼)に到着。赤沼茶屋脇の舗装道を進むと「日光自然ふれあいハウス」が立っています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
道沿いに咲くニッコウキスゲ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
学生(現地集合)が講義室に集結。11:00から事務室スタッフによるガイダンスが行われた後、鯨井所長が挨拶をし、講師を務める小金澤正昭先生を紹介しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
野生鳥獣管理学が専門の小金澤正昭先生(宇都宮大学教授) 。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
12:00~12:50食堂で昼食(弁当は各自持参)。その頃、厨房では夕食と明日の朝食の準備が行われていました。今回、食材調達と調理を全面的にサポートして下さったのは宇大船生演習林のスタッフの方(写真)。お世話になります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
当初は13:00から現地踏査をする予定でしたが、悪天候のため、急遽、屋内での授業に変更しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小金澤先生の講義に耳を傾けながらも、やはり窓の外が気になります。時間が経つにつれ雨は止むどころかますます強くなるばかり。時折、森の向こうから遠雷が聞こえて・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
天候が回復しないため、本日は徒歩による踏査は中止と決定。代わって、食堂で自己紹介を兼ねたお茶会が開かれ、大いに盛り上がりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
    
 
 
お茶会、講義の後は、お待ちかねの夕食会。全員で配膳し、各自、調理されたカレーと御飯を盛り付けました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
  
 
これが夕食のメニューです。写真にはありませんが、デザートにはスイカと、学生さんからいただいたメロンを食べました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
和気あいあいと食卓を囲む様子。皆で食べる山の御飯は美味しいものです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夕食後は、今回の授業の「目玉」でもある夜間現地踏査(車中)がスタート。26名の受講生が4班に分かれ、1班につき2台の車を利用して踏査を行いました。写真は第1班が出発する様子。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回、ドライバーと案内役を務めたのは宇大農学部の4年生3名。小金澤先生の指導の下、日頃から戦場ヶ原周辺を調査・研究しているとのことで、野生動物に関する興味深い話を車中で聞かせてくれました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
車中からシカを観察する様子。後部座席の受講生がサーチライト(2機)を使って周囲を照らすと、早くもシカを発見。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ライトを照らしてもシカは眩しくないのか、じっとこちらを見ています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さらに車を進めると、ササや草木を食むシカを30頭近く観察しました。改めてシカの食害の深刻さを実感しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
このように二本の足で立って高い木々の葉まで食べ尽くすシカも見られました。その他、親子のシカや、小ジカに授乳する姿も観察し、一帯でシカが繁殖している様子を体感しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最後発の第4班が無事宿舎に戻ったのは23時30分頃・・・。
こうして約4時間に渡る夜間踏査が終了しました。
 
 
 
 

 
 
 
◆2日目/7月8日(日)◆
 
 
 
 
明朝、目覚めると雨の音がしました。
はたして2日目の踏査は決行されるのでしょうか?
 
続きはこちらのページをご覧ください。