H24-1面接授業
 
「奥日光の野生動物 」開講レポート
(Vol.2)
 
 
◆2日目/7月8日(日)◆
 
早朝は雨が残っていましたが、朝食の時間になると空が明るくなってきました。
 
 
 
 
朝食の配膳を終えて着席。食事の前に鯨井所長から「本日は踏査を行います」と発表があると、受講生から喜びの声が上がりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
出発前に小金澤先生に双眼鏡の使い方を伝授していただきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「日光自然ふれあいハウス」前で記念撮影。みなさん実にいい表情です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
赤沼からいよいよ戦場ヶ原へ。写真はササを観察しながら、小金澤先生が野生動物による食害について解説する様子。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小田代歩道を進む途中で天気が一転、激しい雨に見舞われた一行。雨具を装着して、再び歩きはじめました。
 
 
 
 
 
やがて視界が開けて、「戦場ヶ原展望台」に到着。幸運にも雨が上がり、双眼鏡を使って花や鳥を観察しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「あれは何だろう? 」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小田代歩道をさらに進み、シカ侵入防止柵のゲートをくぐって小田代原へ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小田代原で「貴婦人」と呼ばれるシラカバの木。昨日からの雨で水辺が出現しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
雨にぬれた可憐なハクサンフウロ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小田代原沿いの歩道を逸れて、西ノ湖へと続く道を行くと、シカ侵入防止柵の外側へ出ました。小金澤先生曰く、「これが今回の授業のハイライト」。シカ侵入防止柵の内側と外側で植生がどのように違うのかよく観察してほしいとのこと。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
踵を返してシカ侵入防止柵の内側に入り、再び小田代原沿いの歩道に出ました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
この時期あちこちで咲いていたミヤマオダマキ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
雨で遊歩道はご覧のとおり。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
泉門池に到着。湧水を眺めながら旅の疲れを癒します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
すると、突然、一匹の大きなサルが出没。別の団体客の手荷物を奪って騒ぎになる場面も。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
泉門池から小田代橋を越えて分岐を右に曲がると、戦場ヶ原を一望するビューポイントに出ました。天気が良ければ男体山の雄姿が望めるはずですが、今回は叶わず。それでも雨に煙る草原のなかを艶やかなレインウェアの一行が進む姿が印象的でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
三本松で各自昼食を取った後、宿舎に戻ってレポートをまとめました。2日間の授業を終えてどんなことを考え、また感じたのでしょうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
受講生のみなさん、本当にお疲れさまでした。
 
また、小金澤正昭先生、そして今回の授業をサポートして下さった皆様、本当にお世話になりました。ありがとうございました。