平成24年度第1回
放送大学栃木学習センター公開講座
 
 「関ヶ原の合戦と小山評定」 開催レポート
  
 
8月5日(日)公開講座「関ヶ原の合戦と小山評定」を開催しました。会場には一般市民約80名が集い、講義に耳を傾けました。
 
【講師】本多 隆成 氏 放送大学静岡学習センター所長、静岡大学名誉教授)
【日時】平成24年8月5日(日)13:30~16:00
【会場】宇都宮市立東図書館 2階集会室
【主催】放送大学栃木学習センター 【共催】宇都宮市立東図書館
 
 
   
 

 
  
 
 
 
講演会冒頭で放送大学栃木学習センター所長・鯨井佑士が挨拶を述べました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
続いて宇都宮市立東図書館長・岩本幸男氏が挨拶を述べました。
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
講師を務める本多隆成先生(放送大学静岡学習センター所長、静岡大学名誉教授)が登場。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
初めに、レジュメに基づきながら関ヶ原の合戦の背景等について説明がありました。秀吉死去後の五大老五奉行体制の変化と豊臣公儀対豊臣公儀の構図についての詳細な説明や、小山評定に関する通説と新説「光成準治氏説及び白峰旬氏説」とを対比し、論点を整理し、新説の矛盾などを論じていきます。通説と新説の比較論に、参加の皆さんは耳をそばたて熱心に聞き入っています。
 
 
 
  
 
 
15分間の休憩を挟み、講義再開。後半はパワーポイントを使用しながら講義が展開しました。写真は関ヶ原合戦図。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
講義終了後は質疑応答が行われ、参加者から難解な質問がいくつも飛び出すなど、白熱教室を思わせるような盛り上がりでした。
今回の参加者には、遠くは福島県郡山市や東京から駆けつけて下さった方もいらっしゃり、公開講座は大盛況のうちに終了となりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
講義終了後のアンケートでは、「関ヶ原の合戦が豊臣公儀対豊臣公儀の構図であったと初めて知った」など、有意義な講義に皆さん大変満足なご様子でした。