◆放送大学創立30周年記念企画◆
栃木学習センター・
ホームカミングデー開催レポート

12月8日(日)放送大学創立30周年を記念して栃木学習センター・ホームカミングデーを開催しました。第一部は、元オリンピック体操日本代表の加藤澤男氏(筑波大学名誉教授、白鷗大学教授)による公開講演会。第二部は、栃木学習センター同窓生と在学生によるシンポジウム「放送大学の今、そして未来」が開かれ、盛況のうちに幕を閉じました。

 
 
式典は大正13(1923)年に建てられた歴史ある宇都宮大学峰ヶ丘講堂で行われ、栃木学習センター歴代所長と事務長、栃木学習センター卒業生・在学生約50名が参加しました。
 
  
 
冒頭で海野孝所長が挨拶を述べました 。
 

 
 
続いて鯨井佑士前所長が祝辞を述べました。 
 


公開講演会『私とオリンピック』で現役時代の経験について語る加藤澤男氏。 

 
 
加藤氏は金メダル8個日本最多獲得者でもあり、式典当日は金・銀・銅メダルを披露して参加者に手に取らせるなど、会場を大いに沸かせました。
 
 
 
 栃木学習センター同窓生と在学生によるシンポジウムの様子。栃木学習センター同窓会会長・須藤國夫氏(右端)がコーディネーターを、放送大学同窓会連合会会長・斉藤成吾氏(右から2番目)がコメンテーターを務めました。
 
 
 
 

 
最後は放大生による尺八奏楽や日舞が披露され、華を添えました。