◆ 平成26年度放送大学公開講座 ◆
 
トップを目指すことの素晴らしさ
-暴力に頼らないスポーツ指導- 

 

講師 福井 烈(ふくいつよし)氏

 
 
 
 
放送大学栃木学習センターでは、学生に限らず広く地域の方々の生涯学習を支援するため、公開講座を開催しております。

平成26年度最初の公開講座は、全日本テニス選手権シングルス史上最多優勝の記録を持ち、現在日本オリンピック委員会理事を勤める福井烈氏にお話をして頂きます。

多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 
 概要

2020年オリンピック、パラリンピック開催地が東京に決定し、環境整備を始めとしたさまざまな分野において、この大会を成功させるための取り組みが開始されました。

 

ジュニア選手の競技力向上についても、選手はもちろんのこと、指導組織の意欲も一段と高揚してきました。

その一方で、昨今の事件を背景に、暴力や体罰に頼らないスポーツ指導者の資質能力向上が声高に叫ばれています。


そこで、競技者としても自らトップに到達するとともに、指導者としてもトップの競技者を指導してきた福井烈氏(現在は日本オリンピック委員会(JOC)理事、日本テニス協会常務理事)を講師として招聘し、トップを目指すことの意義、ジュニア選手の夢を育む指導のあり方、スポーツ活動における暴力行為根絶への取り組み等について考えます。

 


 

講座名
トップを目指すことの素晴らしさ
-暴力に頼らないスポーツ指導-
開催日時
平成26522日(木) 午後200430
会場
 放送大学栃木学習センター(2階) 大講義室
定員
 先着100名

定員になり次第、締め切らせて頂きます。
対象
教育関係者、一般市民、放送大学学生

受講料

無料
事前申込

※問合先:栃木学習センター
(電話またはFAXにてお申し込み下さい)
電話  028-632-0572
FAX  028-632-0570
講師紹介
 
 
福井 烈(ふくいつよし)氏


 ブリヂストンスポーツ所属。

日本オリンピック委員会理事、日本テニス協会常務理事としての役職を勤める傍ら、テレビ解説、全国各地のイベント等を通して、スポーツの楽しさを伝えるための活動を精力的に行っている。

競技者としては全日本テニス選手権シングルス史上最多優勝、デビスカップ日本代表シングルス最多勝利の記録を持つ。また、指導者としてはデビスカップ監督、オリンピック日本代表監督を務めた。

主催/後援
 
放送大学栃木学習センター/栃木県教育委員会、宇都宮市教育委員会
その他
ポスターはこちら