◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆
 
放送大学付属図書館所蔵コレクション展

「日本の残像」開催ご案内

~ ちりめん本と古写真が語る幕末明治 ~

◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆
 
 
【開催期間】 平成22年7月16日(金)~19日(月)
 
【開催時間】 午前9時30分~午後6時(19日は午後4時まで)
 
【会  場】  宇都宮市立東図書館2階 (入場無料)
 
 
 放送大学付属図書館所蔵のコレクションのなかから、明治時代に誕生した「ちりめん本」や、幕末から明治にかけて撮影された古写真を宇都宮市立東図書館にて展示します。「ちりめん本」とは、和紙に木版多色刷りで挿絵を入れ、文章は活版で印刷した欧文和装本で、外国人の土産として人気を博しました。古写真は今から約100年前の全国各地の風景や風俗、人物などを記録したもので、近代日本の形成期の様子を目で見て楽しめます。
 ぜひこの機会に幕末・明治の日本の姿を伝える貴重な資料をご覧ください。皆様のご来場をお待ちしています。
 
 
★Check!! ★
 
NHK大河ドラマ『龍馬伝』のエンディングでも放映された勝海舟の手札写真や、連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』でもおなじみの水木しげるによる作品「ちりめん本」も展示します!
 
 
 
 
 
◎コレクション展のチラシはこちらです (PDFファイル)