平成21年度
 
卒業研究発表会開催しました!
 
 
 
 
 去る3月28日(日)、栃木学習センター大講義室において「卒業研究発表会」が開催されました。平成21年度の発表者は3名で、鯨井所長や客員教員の先生方、在学生らが見守るなかスタート。論文テーマは、少子化に伴う親子をとりまく問題や、うつ病を患った人の心の回復過程を扱ったものなど、現代の世相を反映するような内容も見られました。
 また、卒業研究をはじめるきっかけや苦労話、履修を通じて得たものについても語られ、目標に向かって一つの事を成し遂げたという自信に満ちた表情が印象的でした。
 発表後は会場から積極的に質問が飛び、卒業研究履修予定者からは「とても参考になった」との感想も聞かれました。
 
 

 
 
平成21年度 卒業研究発表者・論文テーマ
 
 
『 子どもが存在することによる大人の心理 』 
 飯村 ひとみ (発達と教育) 

『 回復の瞬間 ~元気を失った心の回復の過程について~ 』 
 田中 久子 (心理と教育)

『 美術におけるCollageの技法 』
 鵜澤 一夫 (人間の探求)