ご挨拶

井本英夫

41日より,海野孝前所長の後任として、栃木学習センター所長に就任いたしました井本英夫です。よろしくお願いいたします。

私は1949年生まれで,団塊の世代の最後にあたります。育ったのは,大阪南部の南河内郡,私が中学生の時に堺市に編入された地域です。当時は,一面に水田が広がっていたところで,栃木県の中心部と似た風景の所でした。どちらの土地も河内と呼ばれたゆえんかもしれません。その水田地帯から少し高くなった土地は水がなく,田にならない場所でしたので,最初に住宅地として開発されました。そんな新興住宅地の環境で小学校から高校まで過ごしました。小高い場所でしたので,南東には楠木正成で有名な金剛山,東には万葉集にも出てくる二上山が見え,北には,大阪市内の通天閣や大阪城が空気の澄んだ日には見えました。この地域を走る唯一の鉄道である南海高野線は,一面の田んぼの海の中を通っていましたが,今は,住宅地の中の線路となっています。その後,大学時代は東京,ポスドクはアメリカ合衆国と西ドイツ(当時),最初に就職したのは大阪の大学,その後,再び,東京へ戻った後,2000年に宇都宮大学工学部に来ました。それ以来,宇都宮に住んでおり,すでに,人生で最も長い期間住んだ場所となっています。

 専門は無機化学です。特に新しい無機化合物を合成し,その構造を決めるような仕事が中心です。修士課程までは,有機化合物に近いような物質の合成をしていましたが,博士課程では,水素を吸って蓄えるような合金の研究をし,ポスドクでは,金属と塩素やヨウ素との化合物を合成していました。これらの研究で扱った物質は,空気中の酸素や水と反応するので,実験にはいろいろと工夫が必要でした。その後は,もっと安定な物質を中心に扱うようになりました。大地をつくる岩石は,ケイ素と酸素が骨格となり,それにナトリウムやカルシウムなどの金属元素を含む鉱物からできています。このケイ素の代わりにリンが入っているような化合物に興味を持ち,これを中心に研究を行ってきました。ケイ素とリンは周期表では隣同士ですが,ケイ素の代わりにリンが入ると,ケイ素の場合より格段に結合できる金属元素の種類が増え,多様な化合物が形成されます。そのような化合物を合成し, X線を用いてその構造を調べてきました。もっとも,このような話は,あまり実用的ではなく,家庭内で,化学者として評価されるのは,例えば,いろいろな汚れをどのように落とせば良いかという場合です。

 私は,今まで,いろいろな場所で,学び,研究をしてきました。場所ごとに,学びやすさ,研究のしやすさが違っていました。何か,人の心を前向きにし,学ぼうとする気持ちが自然に湧いてくるような環境というものがあるように思います。それは,おそらく1つの要素ではなく,いろいろな細かい要素がうまくかみ合って,全体として機能するのだと思います。栃木学習センターへ来ると,気持ちが前向きになる,そんなセンターを目指して努力したいと思います。


退任にあたって

2016/03/22

海野 孝

 この度、栃木学習センター所長の職を退任することになりました。就任したのは3年前の平成25年4月1日でしたが、前日まで宇都宮大学の教育学部長を務めており、所長就任の準備をまったくできずにおりました。幸いにも、有能な職員に恵まれていたお蔭で、いろいろと教えていただきながら、所長としての業務を遂行していくことができました。

学生の皆様とのふれあいは楽しい思い出です。日光での面接授業、特別ゼミ(有意差検定の意味、テニスの心理学、テニス実技)、研修旅行、卒業研究履修希望者との面談、友の会による「所長とランチ」、学位記授与式後の茶話会、テニス同好会などで多くの学生と話しをすることができました。病気を克服して再入学し、最初の入学からは20年かけて卒業したという方、大学を卒業してから結婚するようにという親の忠告を押し切ってブラジルから駆け落ちして来日したため、大学卒の資格を取りたかったという方、放送大学で学んだことがきっかけでご自宅をリフォームして、2階に6名の中学生と高校生が住む養育里親家庭にした方など、放送大学には実にさまざまな方が学んでおり、それらを知るだけでも私自身の励みになりました。

2年目は、1学期に栃木学習センターで、2学期には新潟学習センターで面接授業を担当しました。スポーツ心理学の講義に興味をもって取り組んでいただきました。

3年目の今年度は栃木学習センター開設20周年の節目の年にあたり、10月に記念式典・講演会・祝賀会を開催し、12月には記念誌を発行しました。前年度に実施された新潟SC、大分SC、高知SCから資料を収集し、これに基づいて、職員が何度も打ち合わせ会議を行って準備してきました。ここで養われた団結力は、2月に当センターとして初めて開催した「資料請求者を対象にした個別相談会」に結びついているものと確信しています。

今年度はこの他にもさまざまな取り組みを行いました。開所時間及び勤務時間を30分前倒しに変更、所長表彰(生涯学習奨励賞)の制定、大学コンソーシアムとちぎ「グローバル人材育成プログラム」に放送大学通信授業を4科目提供、日光市での公開講座(出前授業)開催、所長会議における栃木学習センターの事例紹介(プレゼン)、栃木テレビの「リーダーに聞く~栃木のリーダー~」に所長が出演しての放送大学紹介(広報)、などです。

そして、最後に嬉しいニュースが飛び込んできました。学生の澤田ソノさんが当センター所属学生として初めて、「放送大学名誉学生」の称号を授与されることになったのです。澤田さんは面接授業や特別ゼミやセンター行事に積極的に参加しており、その素直で親切な人柄、積極的な学習態度は、他の学生の範となるところです。おめでとうございます。

放送大学での3年間を皆様とともに過ごせたことはとても幸せなことだと思っています。本当に有難うございました。皆様のご健勝とご多幸を祈念いたします。